FC2ブログ

プロフィール

*pipopa*

Author:*pipopa*
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CalendArchive

FC2カウンター

pipopaのオークション

我が家には、3人の子どもがいます。

それぞれ、幼稚園の年長さんあたりから、習い事を始めました。

まだ、タン君はなにもしていませんが。


で、ここ最近、思う事があるんです。

それは、

「習い事に何を求めるか」ということ。


私は、お金を払って習い事をさせている以上、それなりの成果なり、

結果を求めてしまうんです。

アンちゃんはそろばんと水泳、ポンちゃんはそろばんと新体操をしています。

そろばんは、やっとその楽しみみたいな物がわかってきたらしく、検定も

頑張り始め、暗算大会にも出していただきました。(結果は極普通ですが

アンちゃんは、少しレベルアップして、選手コースに変更。

この夏初めて、記録会に出ました。(これまた凡タイムですが

ポンちゃんは、もうすぐレベルアップのためのテスト(というのか?)があります。


習い事をして、それができるようになる。当たり前、と言えば当たり前。

人に「私はこれができる!」と言える位まで、できるようになって欲しいな。

私としては、その分野の「大会」に出て、「緊張感」を味わい、力を出せた「達成感」

力を出せなかった「悔しさ」を体感して欲しい、と思っています。

大会に出たあと、涙を流すくらい、努力をして欲しい・・・それが、「嬉し涙」

であれ、「悔し涙」であれ。

その時に得た気持ちを胸に、次の目標を立て、頑張って欲しい。


しかし、今のところ、「親の心、子知らず」なのか、アンちゃんもポンちゃんも

いたって普通。

この前の暗算大会終了後なんて、「あんね、全然できんかった~」と、あっけらかんな

お二人さん「お腹すいた~なんかちょうだ~い!」だって

甲子園で頑張る高校球児のような、熱い涙を、このお気楽な2人に求めるのは、

あんまりなんでしょうか・・・

それとも、私が暑苦しすぎなんでしょうか・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています☆

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE